外国人技能実習制度について

​外国人技能実習生制度とは

 発展途上国の外国人の方を日本の企業等で雇用関係の下、日本の高い技術・技能・知識を修得する為、人を育てる「人づくり」を目的として創設された国際協力のための制度であります。また日本の技術・技能を身につけるため日本に来ている外国人を技能実習生と呼びます。

 受け入れる方式は企業単独型と団体監理型に分かれますが、私たちは、監理団体との位置づけになります。


 団体監理型の場合、技能実習生は入国後に日本語教育や生活習慣など講習を受けた後、実習実施機関(受入企業)との雇用関係の下で、実践的な技能の修得を図ります。1年後に技能習得の成果が一定水準以上にいると認められるなどして「技能実習2号」への変更許可を受けることにより、最長3年間の技能実習が行えます。(一定の条件を満たすと5年に延長可)

参考:公益財団法人 国際研修協力機構(JITCO)
https://www.jitco.or.jp/ja/regulation/index.html