外国人技能実習制度について

​外国人技能実習生制度とは

国際貢献のための制度です

 技能実習制度は、日本の各企業と同じ職種に就労している若い人材を一定期間、労働関連法令適用のもと雇用契約を結び、日本の企業に受け入れて技術・技能や知識を習得させ、母国に帰り経済発展に役立ててもらう事を目的として創設された制度であり、日本の国際協力・貢献の重要な一翼を担っています。

人づくりのための制度です

 発展途上国の外国人の方を日本の企業等で雇用関係の下、日本の高い技術・技能・知識を修得する為、人を育てる「人づくり」を目的として創設された制度です。

監理団体型の制度に則って運営します

 受け入れる方式は企業単独型と団体監理型に分かれますが、私たちグローバルイノベーション事業協同組合は、監理団体という位置づけになります。

 団体監理型の場合、技能実習生は入国後に日本語教育や生活習慣など講習を受けた後、実習実施機関(受入企業)との雇用関係の下で、実践的な技能の修得をします。
 

監理団体型.JPG

3年間の実習を行います

※条件を満たすことができれば最長5年

認定された、技能実習計画に則り、実習実施者(企業)にて実習を行います。技能検定の合格など適切な運用を行うことで、3年もしくは5年間の滞在が可能になります。

プ1111.jpg

グローバルイノベーション事業協同組合の受入国

私たちは、各国の許可された信頼できる送出機関と提携しています。

​現在の受入国はベトナム・フィリピン・ミャンマーとなっています。

ニャンマー国旗.JPG
キャプチャ.JPG
ベトナム国旗.png

介護技能実習生について

私たちは、介護の技能実習生も受け入れています。「介護」職種が技能実習生の受入れ対象となった、早い時期から受入れを行い経験を積んています。

 

 

 

技能実習生制度についての詳細な内容は直接私たちにお問い合わせください

3f532ac3718e64ba61bd3f9f3e6e518d_s.jpg